新潟市東区の[空港通りの動物病院]では、犬・猫・うさぎ・ハムスター・その他の小動物診療を行っております

空港通りの動物病院
空港通りの動物病院
空港通りの動物病院
空港通りの動物病院のホームページへようこそ! 「自分の家族だったら、こうしてあげたい」を基本に、大切な家族であるペットに心のこもった診療を・・・    苦しくても言葉に出来ないペットのために、飼い主様のお話を大切にし、最善の治療をご提案させていただきます。    お気軽にご相談・ご来院ください。
メニュー
診療時間表

▼▼▼ 病院からのお知らせ ▼▼▼

10月17日(火)new
新潟市動物愛護協会 関連会議のため、午後の診察は4時~とさせていただきます。
10月22日(日)new
新潟県獣医師会 関連会議のため、臨時休診とさせていただきます。
10月26日(木)new
新潟市との打ち合わせ会議のため、午後の診察は休診とさせていただきます。
10月29日(日)new
スタッフ結婚式のため、臨時休診とさせていただきます。
11月12日(日)new
新潟市獣医師会 講習会出席のため、臨時休診とさせていただきます。
11月16日(木)new
新潟県獣医師会 関連会議のため、午後の診察は5時~とさせていただきます。
11月26日(日)~27日(月)午前new
政令指定都市獣医師会 連合会議のため、臨時休診とさせていただきます。27日(月)午後は通常通り3時からの診察開始となります。
11月30日(木)new
新潟市獣医師会 連絡会議のため、午後の診察は4時~とさせていただきます。
12月8日(金)new
新潟県獣医師会 理事会に出席のため、午後の診察は休診とさせていただきます。
12月8日(金)new
新潟県獣医師会 理事会に出席のため、午後の診察は臨時休診とさせていただきます。

ご迷惑をお掛け致しますが宜しくお願い致します。

  • パソコン・タブレット ・スマートフォン
    からのアクセスはこちら

    qr
  • 携帯電話からのアクセスはこちら

    qr_mb
【 ベッセルシーリングシステム導入 】

近年、獣医療界では手術の際に使用した縫合糸に起因していると思われる疾患が散見されるようになり(犬に多くみられ、特にミニチュアダックスなどに症例が多いようです)、その対策として内視鏡手術などで使用されるベッセルシーリングシステムという、血管を縫合糸で結紮(縛る)するのではなく、血管のコラーゲンや弾性線維を融合させることで血管をシール(密封)する方法が注目されてきています。この方法により、可能な限り身体の中に異物(縫合糸)を残さずに手術を終えることができ、手術直後だけでなく生涯にわたって安心を提供することが可能となりました。 またこの機器を使用することにより、手術時間の短縮も可能となり高齢の動物に対して、よりリスクを低減させることが可能となります。 動物病院で最も多く実施されている手術は避妊・去勢手術です。この最も一般的な外科手術をより安全に安心して受けて頂けるよう努力したいと思っております。

【お知らせ 】

皆様の温かい善意のお気持ちを下記へ送金させて頂きました。
心より御礼申し上げます。
新潟市動物愛護協会 ¥49,087 (H29年1月019日付け)
日本小動物獣医師会 身体障がい者補助犬助成制度金 ¥35,144(H27年8月21日付け)
日本盲導犬協会 ¥5,127(H27年8月21日付け)

pagetop